仕手株になりやすい銘柄には特徴があります。仕手株の対象となりやすい、仕手集団に狙われやすい株の傾向や条件とはどのようなものなのでしょうか?そんな仕手株銘柄について紹介したいと思います。

静岡銀行動向やウォルトディズニー、アイテラスの仕手株

仕手株になる株式があります。過去には、静岡銀行動向やウォルトディズニーが、更にはアイテラスも仕手株ではないかといわれていました。
これは、静岡銀行動向以外のウォルトディズニーやアイテラスが外資系企業であっても、関係なく日本の株式市場に上場している以上、仕手株になる可能性はあるのです。
何時の時点で仕手株になるかは、把握することが難しいですが、過去日経平均と株価の動きを見比べれば検証することはできるのです。
静岡銀行動向やウォルトディズニー、更にはアイテラスは、日本で上場している企業ですが、仕手株になる要素として、共通しているのは発行株式が少ない又は市場に出ている取引できる株式数量が少ないことがあげられます。
仕手株化する目的には、当然に利益狙いがあります。一説には、巨大資金を保有するファンドが存在しているといわれています。
株式市場では、通常は企業業績が上向くことで配当も高額となり、こうした配当利回り狙いがあります。また、株式の売買をこなっている人は、譲渡益狙いともいわれています。
仕手株化すると、業績に見合った株価と違う値動きを示すので、保有している人は、慌てて売却したりすると、損失を被る場合もあるので、慎重な対応が求められます。
過去には、株価を吊り上げて、公開買い付けを行うことで、大幅な株価上昇を行うことで、個人株主から株式を集めることで、企業の経営権を取得しようとするファンドもあるのです。
理論上は、上場企業は発行株式の50%以上を取引が出来る株式として、上場しなければならないため、50%以上の株式を買い集めることは可能です。但し、50%以上の株式を買い集めた場合には、上場規定に違反することになります。